医学部 基礎医学病理学ⅠPathology I

JapaneseEnglish

研究室HP

2018_集合

病理診断は「機能の異常が形態に反映される」という理念に基づいているが、機能と形態・動態を繋ぐ分子機構は未だ明らかにされていない。本研究室では、疾患で見られる特異的な形態や動態に着目し、蛍光蛋白質や蛍光共鳴エネルギー移動(FRET; Förster resonance energy transfer)の原理を用いたバイオセンサーを活用し、生体における細胞の振る舞いをライブイメージングによって明らかにし、疾患を理解し新たな治療方法の基礎と作ることを目的としている。具体的には、癌の浸潤・転移の基となる細胞集団移動や、血行転移における血管内皮細胞と癌細胞の相互作用、胎児の細胞が母体に移入する胎児マイクロキメリズムの意義や侵入経路の解明について研究を行っている。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8117 / FAX: 076-286-6926 / Email: pathol1@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 清川 悦子 Kiyokawa

講師

  • 平田 英周

研究補助員

  • 蟹谷 貴子
  • 杵渕 明子
  • 中山 麻実

主な研究業績

部門別研究業績

  • Takeda H., Kiyokawa E.:Activation of Erk in ileal epithelial cells engaged in ischemic-injury repair. Sci Rep, 7(1):16469, 2017
  • *Xu X., *Yoshizaki H.,(*First co-authors) Ishigaki Y., Kubo E., Minato H., Kiyokawa E.: Upregulation of multiple signaling pathways by Dock5 deletion in epithelial cells. Mol Vis.: 23: 1081-1092, 2017
  • Yoshizaki H., Ogiso H., Okazaki T.,Kiyokawa E.:Comparative lipid analysis in the normal and cancerous organoids of MDCK cells. J Biochem, 159(6), 573-584 2016
  • Hirata E., Kiyokawa E.: Development and Application of Single-Molecule FRET biosensors - Future Perspective of Intravital FRET Microscopy for the Elucidation of Biomedical Phenomena. Biophys J, 111(6):1103-11,, 2016
  • Yoshizaki H., Kuwajima Y., Minato H., Kiyokawa E.: Regulation of Ripply1 expression in MDCK organoids. Biochemical and Biophysical Research Communications: 468(1-2):337-342, 2015.

主な外部研究資金

  • 科学研究費補助金 2017-2020年 基盤C 研究代表者(清川)
    「大腸癌先進部の細胞塊の代謝とリンパ管浸潤」
  • 科学研究費補助金 2017-2020年  基盤研究C 研究代表者(平田)
    「脳転移肺がん細胞の薬剤応答と初期耐性のキネティクス解析に基づく新規治療法の開発」
  • AMED 「次世代がん医療創生研究事業」2016-2017年 研究代表者(平田)
    「脳転移がん細胞の休眠維持・破綻機構の解明と新規治療法の開発」