医学部 基礎医学病理学ⅠPathology I

JapaneseEnglish

研究室HP

病理学Ⅰ2016

病理診断は「機能の異常が形態に反映される」という理念に基づいているが、機能と形態を繋ぐ分子機構は未だ明らかにされていない。本研究室では、疾患、特に様々な組織の悪性腫瘍に見られる特異的な形態を制御する分子機構を解明することを目的とする。そのために、蛋白質の活性や脂質の局在を定量的に解析できる蛍光共鳴エネルギー移動(FRET; Förster resonance energy transfer)の原理を用いたバイオセンサーを活用し、2光子励起顕微鏡を用いて生きた個体において、形態が変化する際の情報伝達の時空間情報を取得する。「観察する」に加えて「操作する」技術も併用し、得られた知見を臨床検体を用いた観察にもフィードバックさせ、論理的な病理診断・治療の分子基盤を整備する。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8117 +81-76-218-8117 / FAX: 076-286-6926 +81-76-286-6926 / Email: pathol1@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 清川 悦子 Kiyokawa

講師

  • 平田 英周

助教

  • 武田 はるな

主な研究業績

部門別研究業績

  • Hirata E., Kiyokawa E.: Development and Application of Single-Molecule FRET biosensors - Future Perspective of Intravital FRET Microscopy for the Elucidation of Biomedical Phenomena. Biophys J, in press, 2016
  • Yoshizaki H., Ogiso H., Okazaki T.,Kiyokawa E.:Comparative lipid analysis in the normal and cancerous organoids of MDCK cells. J Biochem, in press 2016
  • Yoshizaki H., Kuwajima Y., Minato H., Kiyokawa E.: Regulation of Ripply1 expression in MDCK organoids. Biochemical and Biophysical Research Communications: 468(1-2):337-342, 2015.
  • Minato H., Kiyokawa E.: Activated K-RAS and its effect on morphological appearance. J Biochem, 2014, 156(3): 137-145, 2014.
  • Mizuno R., KamiokaY., Kabashima K., Imajo M., Sumiyama K., Nakasho E., Ito T., Hamazaki Y., Okuchi Y., Sakai Y., Kiyokawa E., Matsuda M.: In vivo imaging reveals PKA regulation of ERK activity during neutrophil recruitment to inflamed intestines. J Exp Med: 211(6):1123-36, 2014.

主な外部研究資金

  • 科学研究費補助金 平成28年度 挑戦的萌芽研究 研究代表者(清川)
    「マイクロキメリズムと癌化の検証」
  • 科学研究費補助金  平成25-27年度 基盤研究C 研究代表者(清川)
    「レンズ上皮細胞の形態維持機構の解明」
  • 科学研究費補助金 平成26-27年度 新学術領域研究「上皮管腔組織の形成・維持と破綻における極性シグナル制御の分子基盤の確立」研究代表者(清川)
    「脈管内腺構造の回転と浸潤・転移」
  • 科学研究費補助金  平成26-27年度 若手研究B 研究代表者(武田)
    「胃がん形成に関わる遺伝子の同定と機能評価」
  • 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 平成24-27年度 研究分担者(清川)
    「脂質ワールドの臨床応用を目指す研究拠点形成~難治疾患治療開発のための革新的イメージング脂質生物学の確立~」